【有効期限切れ】20年間放置された「写ルンです」を現像してみた

Film

こんにちは。

今回は20年間放置されていた写ルンですを現像してみた!という内容の記事となっています。

写ルンですとは使い捨てフィルムカメラです。

「20年間放置?それのなにが問題なの?」

フィルムカメラを見たことがないデジタル世代にはこういった疑問も出てくるでしょう。

しかし、問題あるんだな~これが!

フィルムを知らない方にもわかるように、写真を使って説明しますので、へえ~放置するとこういう風になるんだなあ~・・・と楽しんでいってください。

また、フィルム写真を愛用しているという方も、この記事の内容がひとつの目安になると思いますので、最後まで読んでいただけると嬉しいです。

それではいきましょう!

【有効期限切れ】20年間放置された「写ルンです」を現像してみた

まず、放置されたフィルムカメラがなぜ問題かというと、フィルムには“有効期限”というものがあるんです。

フィルムに使用されている素材は長期間放置していると経年劣化し、写真に影響を与えてしまうため、有効期限が設定されています。

でも、有効期限が切れても問題なく写ったりするんですよね。

しかも期限切れのフィルムってオークションなどで安く売ってるので、好んで購入する方も多いんです。(わたしもその中の一人)

期限が切れてもぜんぜん問題ないやん?

と、今まで思っていましたが、今回20年前の写ルンですを現像して分かったのは、確実に劣化はする!ということ。

「じゃあいったいいつから変化するの?」

そんな疑問を持つ方のために、年数ごとの参考写真もご用意しました。

なので最後まで読み進めていけば、有効期限を過ぎたフィルムはいつから、どういった変化をするのかがわかります。

それでは!まず20年前の写ルンですを現像するに至った経緯をお話します。

押し入れから出てきた写ルンです

ことの発端は年末、毎年恒例の大掃除をしていたときの話です。

押し入れの掃除をしていると、奥の方からごろっ!となにかが落ちる音がしました。

音が鳴った場所を探ってみるとそこにはなんと!写ルンですが落ちていました!しかも!4つもある!!

デザインも今のものと違ってレトロです。

これはかなりの年季が入った代物だと一目でわかりました。

中にはパッケージに入ったままのものもあります。

この時点で思ったことは4つ。

  1. このカメラは何年前のものか?
  2. なにが写っているのか?
  3. シャッター数が残っているもので撮影したらどうなるのか?
  4. 現像できるのか?

気になったら即行動でお馴染みのわたしなので、早速撮りきってあるものを現像に出すことにしました。

現像に出してみた

今回は近所にあるカメラのキタムラさんに持っていきました。

たっちゃん
この写ルンですを現像して頂きたいのですが・・・いけますかね・・・?
キタムラ店員
いらっしゃいませ!現像は可能ですよ!
たっちゃん
ほんとですか!
キタムラ店員
ただ、古いものなので現像してもちゃんと写っていないかもしれないですがよろしいですか?
たっちゃん
はい!大丈夫です!よろしくお願いします!
キタムラ店員
かしこまりました!

現像はやってもらえますが、写っているかどうかは保証できませんよ~といった感じでした。

補足説明
どんな中身であろうと現像代はかかってしまうので注意。

なんとか写っていました。

が、やはり変色しています・・・

割合で言うと全体の9割は色がついていました。

父か母が撮ったものでしょうか・・・めっちゃ像がブレてますが、これは撮り手側の問題なのでスルーします。

そしてこれは運動会の時ですね。

この写真を見て 20年ほど前のもの だということが判明。

(ちなみに黄色いゼッケンがわたしです。)

こちらは姉とその彼氏が旅行に行ったときに撮影したものみたいです。

これはおそらく 15年ほど前。 

このカメラに写っている写真すべてに目立った変色はありませんでした。

他の写真はお友達や彼氏の顔が写っていたのでこれくらいしか載せるものが無かったです。

期限切れ未使用の写ルンですで撮影してみた

では次は期限切れの写ルンですで撮影し、現像したものです。

こちらは未使用で、 パッケージの有効期限は2004年(つまり16年前) となっていました。

先ほどご紹介した写真とはまた違った色が乗っていますね。

像が写っていないものもありました。

ポートレート撮影をしたときのサブ機として持っていき、撮影しました。

なんだか色合いがマッチしている感じがします。

こちらのカメラで撮影した写真は全部に色が乗っていました。

この方も 16年前のフィルム を使用されたみたいですが、ムラになったりそうでなかったりと変色の前兆が見られますね。

なぜ変色するの?

フィルムは色を記録する乳剤がいくつもの層になって形成されています。

経年劣化や外部からの影響により、その層のバランスが崩れた結果、色の変色を引き起こしてしまう、ということです。

フィルムの有効期限について

こちらはわたしが以前、投稿した写真です。(よろしければフォローお願いします。)

実は、このときに使用した写ルンですは有効期限がギリギリでしたが、写りに問題は無かったです。

フィルムってどれくらい前のものまで使えるの?

10年ちょいで変色する写真が出てきましたね。

実際わたしも期限切れフィルムを何度か使用しましたが、10年未満のものはすべて変色などはありませんでした。

なので、10年未満のものなら問題なく使えるのではないでしょうか。

オークションなどで期限切れを購入するなら 10年はひとつの基準になりそうです。 

まあ26年前のものでも特に目立った変色はなく写るものもあります。

要は保存状態が大きな差を生む、ということですね。

「当たりはずれはあるけど、10年未満だとちゃんと写る確率が高いよ~」

↑という結論に至りました。

でも、作品撮りなど失敗できない撮影の時は期限が切れていないものを使用してくださいね~

補足説明
保存状態が悪ければ早く劣化、変色してしまうので注意が必要です。

写ルンです、フィルムの保存方法

直射日光や高温多湿がフィルムの弱点なので、保管場所は冷蔵庫の野菜室を選びましょう。

野菜室を選ぶ理由は温度。

冷蔵室では温度が低すぎるからです。

ただし、最近の冷蔵庫の野菜室は湿気を発生させる仕組みのものもあるので、湿度対策として蓋つきの容器に入れておくとよいでしょう。

こうすることによってフィルムとしての寿命が長くなります。

使用する前日は冷蔵庫から出し、常温でならしておきましょう。

まとめ

  • フィルムカメラには有効期限がある
  • 有効期限が切れていても現像は出来る
  • 古いものは変色する
  • 変色は15年前後から?

結果的に 有効期限から10年~15年前 あたりから変色し始めるようですが、保存状態によりけり!なところも否めないですね。

期限切れの写ルンですやフィルムは通常のものより安く販売されているので、数か月、数年切れたくらいなら購入してみるのもよいのではないでしょうか。

厳密に言えば発色などに細かな劣化はあるかと思いますが、写真を楽しむのには問題ないと判断したので目を瞑っています。

フィルムやりたいけど、お金がない!という学生カメラマンの方は試しに期限切れ写ルンですを使用してみるのもありですね~

↑こちらは写ルンですを使ったアイデア撮影をまとめた記事なので、興味のある方は併せてどうぞ~

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました!

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村