【写真撮影】空が白く写る4つの原因と対処法

Lightroom現像

こんにちは。

今回は空が白く写ってしまう原因と対処法についてです。

「カメラで撮影したけど、空が白く写ってしまって仕上がりがいまいちに・・・」

空が白くのっぺりとした印象に

そんな経験ございませんか?

 わたしはなんどもあります・・・! 

ただ、過去のわたしはなぜこのようなことになるのか原因がわからず、四苦八苦した経験があるので、そんな方のために記事を書きました。

やはり空は雲の形や色があった方が情報量が多くなり、情緒あふれる作品になるでしょう。

撮影時に気を付けること、その後の処理など書いていますのでこの記事を読めば真っ白でのっぺりとした背景から脱却できますよ!

空が白く写る原因の対処法と青くする方法

いろんなカメラで撮影してきた中でふと思ったことがあります。

「あれ?一眼レフよりスマホで撮った写真の方が空が青く写ってるやん?」

今回はこの部分に関しても触れていきましょう。

まずはなぜ空が白く写るのか、をご説明します。

空が白く写る4つの原因

明暗差が大きい

人間の目は優秀なので大きな明暗差があっても対応できますが、機械はそこができないんです。

人が思っているより太陽や空は明るく、写したいものにフォーカスして明るさを調整した結果、背景である空が白飛びします。

性能によっても様々ですが、カメラには写し出せる明暗の範囲があり、そこを逸脱してしまうと像を記録できず、白飛びや黒潰れとなります。

カメラの設定が明るすぎる

マニュアルモードではありがちですが、野外などでカメラの設定を調整せずに撮影してしまうと状況次第で露出オーバーになります。

ISO感度が高い

感度が高いとノイズも拾ってしまうため、ディティールが荒くなります。

絞りが開放されている

絞りを開放すると背景がボケてしまい空の色を記録することが困難になります。

では、次は対処法をいくつかご紹介します。

空が白くならないための対処法

撮影、設定

太陽を背に撮影をする

つまり 「順光」 ですね。

太陽を画角に入れてしまうと明暗差がさらに広がってしまうため、空の色を写すなら順光で撮影しましょう。

逆光で撮影した例

こちらは逆光で撮影した例ですが、色が残っている部分とそうではない部分が分かれています。

逆光撮影が悪いというわけではなく、空の明暗差を説明するために例としてあげました。

他に主題があり、空を背景にする場合は太陽の位置に気を配ると良いですよ。

露出はアンダー気味で撮る

アンダー気味(少し暗め)に設定し撮影すると、白飛びが軽減されてより豊かな階調での記録が期待できます。

注意
暗くしすぎると今度は黒潰れになる場合があるのでやり過ぎには注意です。

ISO感度は100を推奨

太陽光のある野外の撮影であればISO100でも十分に撮影ができるので、ノイズを拾わないように感度はなるべく低く設定しておきましょう。

F値は絞って撮ろう

開放させて背景をボカすのも良いですが、空の色を写す場合は絞って撮りましょう。

全体のバランスを鑑みてf5.6~f11あたりを推奨します。

現像

  • 露光量(白飛び調整)
  • ハイライト(白飛び調整)
  • 白レベル(白飛び調整)
  • 明瞭度(雲の形を強調)
  • かすみの除去(空の青さを強調)

↑ここらへんを調整すると復元できる場合があります。

円形フィルターや補正ブラシなどのツールを使用して部分的に調整するのもありです。

ただし、完全に白飛び、黒潰れになったものは、いくら現像しても復元はできません。

白飛びで復元できない例

右上のヒストグラムを見ていただければわかると思いますが、右側の部分は何も記録されていません。

撮影の時点で明るすぎたため、露光量や白レベルを調整しても復元できず白いままです。

一眼カメラよりスマホで撮影した空の方が青い?

加工無しのスマホ撮って出し写真

こちらは無加工のスマホカメラ撮って出し写真です。

一眼カメラで撮影した写真より、スマホの方が鮮やかに撮れたりすることってありませんか?

その理由が、スマホは撮った瞬間に中のコンピューターが自動で編集、コンポジット(HDR)などを行っており、ええ感じにいろんな部分を調整してくれているので空が青く写る、ということです。

なので 「スマホ>一眼カメラ」 ということではないのであしからず。

まとめ

結論!撮影と現像の両方を駆使することによって解決します。

当然ですが、雨や曇りの日はどうあがいても白く写ってしまうのであきらめましょう・・・!

わたしが使用している現像ソフトはLightroomですが、 シルキーピックスなど他社ソフトでもおおよそ再現できる内容 です。

RAWで保存されている方は今からでも編集可能なので、是非試してくださいね。

にほんブログ村 写真ブログ フォトレタッチ・写真加工へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村