世界一わかりやすい!写真の保存形式RAWとは?その特徴と活用方法

Lightroom現像

こんにちは。

今回はRAWについてです。

「横文字わかんない・・・そもそもなんて読むの?」

「RAWは何となく知っているけど、どういった特徴があるの・・・?」

「どういったときに使うの?」

そんな方のために記事にしました。

過去のわたしも何となくは理解していましたが、実際それが何なのかという詳しい部分までは知らずに過ごしていました。

ただ、知るとおもしろく現像やレタッチに関する考え方も変わったので、撮影が好きな方に是非読んでいただきたい内容です。

写真の保存形式RAWとは?その特徴と活用方法

RAWとは?

 「編集や加工をするための保存形式」 です。

保存形式は他にもJPEGTIFFPNGなどがあります。

RAWはその中の1つです。

RAWの読み方

ロウ」と読みます。

意外と読み方がわからない!という方もいるのではないでしょうか。

わたしはしばらく「ラウ」と読んでました。

RAWの意味

生(なま)の、料理してない、原料のままの、未加工の、精製してない、なめしてない、水割りでない、露光してない、生の、(未整理・未編集などで)生の

引用:Weblio 辞書

写真で言うと、まだレタッチ(加工、編集)もなにもされていないデータですよ!ということです。

「えっ、他の保存形式でも撮って出しなら未加工じゃないの?」

鋭い方ならここに気が付きそうですが、実はJPEGなどの保存形式はカメラ内で自動レタッチがされているのです・・・!

知らないところで勝手に味付けがされていたんですね~

では!次はその特徴についてお話します。

RAWの特徴

PCやスマホでは表示できない

JPEGと違いPCやスマホなど通常のデバイスでは見ることのできないデータで、現像ソフトを使用することによってはじめて写真として表示されます。

この保存形式のままだと、インスタグラムやツイッターなどのSNSに載せることも、プリントアウトすることもできません。

現像ソフトを使用し、汎用性が高い保存形式に変換する工程を 「RAW現像」 といいます。

データが大きく階調が豊か

データが大きくより多くの情報が記録されているため、階調が豊かです。

現像作業をする際、特にご利益を感じます。

補足説明
データ容量が大きいため、撮影時はメモリー容量に気を付けましょう。

他の保存形式との主な違い

写真でよく使用される代表的な3つの保存形式を比較しました。

保存形式読み特徴Web表示データ量レタッチ調整域
RAWロウ未加工データ×広い
JPEGジェイペグ無劣化圧縮狭い
TIFFティフ非圧縮高解像度×特大広すぎず狭すぎず

RAWの活用方法は?

Lightroomやシルキーピックスなどの現像ソフトを使用したレタッチ作業を行うときに活用します。

JPEGに比べてデータ量も大きく、生の未加工データということもありレタッチ調整域も広いので編集や加工に適しています。

(もう少し下の方に比較例を載せておきますね)

ここにメリットを感じない方は別の保存形式を使用しましょう。

補足説明
種類によってはカメラの中で現像、レタッチできるものもあります。

RAW保存、現像を推奨する理由

TIFFより優れている

まず、RAWとTIFFを比較した場合、RAWの方が容量は小さく、レタッチ調整域も広いので、RAWを推奨します。

TIFFは1986年に開発された古い保存形式なので、JPEGが進歩した現代ではRAW&JPEGが台頭しており、TIFFを使用されている方はほぼいないです。

JPEGは調整域が狭い

JPEGは人の目には見えない色をそぎ落とし圧縮、最適化したものです。

見る分には問題は無いですが、そこからレタッチをすると調整域の狭さを実感するでしょう。

繰り返し現像が可能

RAWデータは上書きという概念は無く、どれだけレタッチ作業を行っても初期データが残っているので、元に戻すことが可能です。

それが他の保存形式だと毎回上書きになってしまうので、レタッチをする際に非常にご利益を感じます。

RAWとJPEGの違い

この2つの違いを説明する際によく使われる例えがあります。

 それは・・・料理!! 

RAWは調理されていない食材JPEGは調理された後の料理現像は調理と言われています。

もっとわかりやすく言うと、お米がRAWだとして、JPEGが自動調理された冷凍チャーハン。

ではあなたはおかゆが作りたい!と思ったときに、お米からなら作れそうですが、チャーハンからおかゆを作ろうと思うと・・・難しいですよね。

これがRAWとJPEGの違いです。(わかりにくかったらごめんなさい)

レタッチが完了したら最終的にどのデバイスでも見れるようにJPEG変換します。

現像の比較例

今回はAdobe Lightroom cc という現像ソフトを使用しています。

保存形式:RAW

保存形式RAWの撮って出し写真ですが、かなりアンダーでほぼ真っ暗ですよね。

本来ならダメダメなデータです。

露光量+5.00

しかし、RAWで保存していたので露光量を調整しただけでここまで明るさが持ち上がりました。

保存形式をそのままJPEGに変換した写真

では、今度はレタッチ前のデータをそのままJPEGに現像した写真を使用しましょう。

この時点ではRAWデータと差は感じられません。

露光量+5.00

同じ条件で露光量をレタッチした結果です。

空が紫色に変色し、建物部分が黒潰れしたままです。

データ量や調整域の違いでここまで差があるということがお分かりいただけたのではないでしょうか。

プロはどの保存形式で撮っているの?

わたしが知る中ではRAW派JPEG派に分かれています。

  • 広告撮影などより高画質を求められる現場ではRAWもしくはRAW+JPEG
  • 運動会など納品数が多い商業撮影はJPEG

ビジネス的観点から見ると、単価の低い仕事は現像する時間を省いているといった感じでしょう。

商業撮影の場合は数をこなさなければならないためJPEGで保存し、明るさ調整など簡易的なレタッチはするけど時間はかけない!といった意見が多かったです。

RAW+JPEGを使う方は、JPEGデータを取引先に送り、必要な写真を選定してもらってからRAW現像に取り掛かる、といった使い方もされるみたいです。

ただ、中には撮って出しこそ至高!という方もいます。

撮影時に環境を読みながらカメラを設定し、撮影してこそプロだろ!といったレタッチ否定派ですね。

まあこの部分に関しては思想の違いなので、各々にお任せします。

まとめ

  • 読み方は「ロウ」
  • 英語で「生の」という意味
  • 保存形式の一つ
  • レタッチをする方におすすめ
  • 現像ソフトが無ければ中を見ることができない
  • データ容量が大きい
  • TIFFより優れている
  • JPEGはレタッチ調整域が狭い
  • 繰り返し現像が可能
  • プロは状況によって使い分けている

ちなみにわたしの場合、普段はRAWのみの保存で撮影を行っています。

ただ、旅行に行く際などはメモリー容量が足りなくなる場合があるので、状況を見ながら保存形式は切り替えています。

メモリーがいっぱいで写真が撮れない!という状況では本末転倒なので・・・

(まあこんなことにならないようにメモリーを十分に準備しておけば問題は無いですが・・・!)

RAWの特徴を知った方の中には、後で調整できるから設定はテキトーでいいや!といった捉え方をされる方がいます。

間違いではないですが、現場でしっかりとした作りこみをした方が 調整域が広くなり、より大きな恩恵を受けることができます。 

第一線で活躍されているようなガチプロは、現場でしっかり作りこんだうえで現像作業も行っていますよ。

こういった方はどこまでを現場で作りこむべきで、どこまでがRAW現像で調整が可能なのかを把握し、撮影をされています。

今回例にあげた写真はかなりアンダーで撮影した極端な例ですが、適正露出で撮影した方が多くの色を記録してくれるので階調は豊かになります。

なのでRAWで撮影される場合でも、シーンに合わせた環境作りは大切!ということです。

とはいえ、 初心者の方は特に現場で作りこむことができないので気にせずバシバシ撮っちゃいましょう! 

その際は保存形式RAWで撮影されることをおすすめします!

購入したカメラに付属している現像ソフトでも作業ができるので、どんどん活用していきましょう!

にほんブログ村 写真ブログ フォトレタッチ・写真加工へ
にほんブログ村