【作例あり】AF-S NIKKOR 85mm f/1.8Gを4年間使用した感想

カメラ機材

こんにちは。

「ポートレートに使えるレンズが欲しい・・・」

イイのありますよ!

「85㎜ってなんでポートレートレンズと呼ばれているの?」

こういった疑問にもお答えします。

今回、わたしが普段使用しているポートレートレンズについて記事にしました。

感想や作例も載せますので、購入を検討されている方は是非参考にしてくださいね。

ポートレートに使える!AF-S NIKKOR 85mm f/1.8Gスペック

型式ニコンFマウントCPU内蔵Gタイプ、AF-Sレンズ
焦点距離85mm
最大口径比1:1.8
画角28°30′(35mm判一眼レフカメラ、FXフォーマットのデジタル一眼レフカメラ)
18°50′(DXフォーマットのデジタル一眼レフカメラ)

DXフォーマットデジタル一眼レフカメラ装着時:
127.5mmレンズの画角に相当(FXフォーマット/35mm判換算)
撮影距離情報カメラへの撮影距離情報を出力可能
最短撮影距離0.8m
最大撮影倍率0.12倍
絞り羽根枚数7枚
アタッチメントサイズ(フィルターサイズ)67mm
質量約350g
測光方法開放測光

引用:Nikonイメージング

このレンズを使用する理由

大口径、単焦点レンズ

単焦点レンズが大好きなわたしですが、その主な理由はボケを活かした写真が撮れるというところです。

せっかく一眼を使用しているのに特権であるボケを活かさないともったいないです。

スマホのポートレートモードでもボケは表現できますが、望遠と広角で写した写真を合成させて作るものなので欠点も多く、やはり一眼のボケ感には遠く及びません。

単焦点はズームレンズに比べ、価格がそこまで高くないのも利点だと思います。

中望遠レンズはポートレート向き

85mmレンズはポートレートレンズと言われています。

その理由は、像の歪みが小さいためです。

文章だけではわかりづらいと思うので、まずは下の画像を見てください。

引用:https://gizmodo.com/this-image-shows-how-camera-lenses-beautify-or-uglify-y-5857279

こうやって見るとちょっと怖いですが、すべて同一人物です。

それぞれの違いはレンズの焦点距離です。

右下の広角レンズと左上の望遠レンズではまるで別人のようですよね・・・

レンズの効果により、焦点距離が短いほど歪みます。

85mmレンズはこの中で言うと、下段の左端あたりですね。

つまり、85mmレンズは歪みが少なく綺麗に写し出してくれるレンズであり、これが ポートレート用と言われる理由 です。

画角がほど良く狭い

画角が狭いのは一見デメリットに思えますが、余分なものを写さずに撮影することができます。

例えば観光地での撮影で、周囲にいるひと写ってほしくないな~という時は役に立ちます。

「じゃあ、もっと焦点距離の長いレンズで画角狭くした方がいいんじゃないの?」

画角が狭すぎると逆に背景が写らないので、これだとどこの場所で撮影しても同じ画になってしまいがちです。

その点、85mmの画角は程よく背景が写りつつ主題が際立つので使い勝手がよく、初心者でも綺麗に撮影できます。

被写体との距離感

撮影距離は望遠になればなるほど遠くで写すことになります。

スマホカメラのような広角カメラだと割と近い距離で撮影しますよね。

ひとにはパーソナルスペースというものがあって接近しすぎると無意識に警戒してしまい、こわばった顔になり、いい表情が撮れないこともあります。

逆に遠すぎると被写体との意思疎通が難しくなります・・・

中望遠レンズは近すぎず、遠すぎず、コミュニケーションを取りやすい距離感なので、リラックスした表情を写しやすくなります。

作例

レビュー(感想)

数年間わりと荒っぽく使用していますが、特に故障もないので頑丈だと思います。

使用頻度が高いので防湿庫に入れていませんが、カビなどは無いです。

考えてみると、このレンズが良い!というよりは、85mmの明るいレンズが好きなんだと思います。(笑)

ただ、 描写や使い勝手など全てにおいて平均点以上のレンズ なので今後も使用していきます。

コスパめっちゃいいレンズですよ!おすすめです!

評価

描写力☆☆☆
携帯性☆☆☆☆
価格☆☆☆
満足度☆☆☆☆