【作例あり】AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8Gを6年間使用した感想

カメラ機材

こんにちは。

「レンズを購入したいけど何を買ったらいいかわからない・・・」

特に初めてレンズを買うとなると迷いますよね。

わたしもレンズを購入する際は失敗したくないのでレビューや感想を調べまくって買います。

そんな方のために、わたしが実際に愛用しているレンズを紹介しますので、是非参考にしてくださいね。

AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G スペック

型式ニコンFマウントCPU内蔵Gタイプ、AF-S DXレンズ
焦点距離35mm
最大口径比6群8枚(非球面レンズ1枚)
画角
44°(DXフォーマットのデジタル一眼レフカメラ)
FXフォーマット/35mm判換算:52.5mmレンズの画角に相当
撮影距離情報RF(リアフォーカス)方式、超音波モーターによるオートフォーカス、マニュアルフォーカス可能
最短撮影距離0.3m
最大撮影倍率0.16倍
絞り羽根枚数7枚(円形絞り)
アタッチメントサイズ(フィルターサイズ)52mm
質量約200g
測光方式開放測光

引用:Nikonイメージング

このレンズを使用する理由

単焦点レンズ

単焦点とは、焦点距離が固定されたレンズです。

一見、不便に思えますがズームする作業がなくなるので撮影に集中できます。

とにかく明るい

安村のことではありません。

F値が小さいレンズのことを 【明るいレンズ】 と表現します。

F値とは?という方はこちらの記事も併せてどうぞ。

口径が大きくズームレンズに比べて構造が簡単なので光を多く取り込むことが可能です。

とにかく安い

明るいレンズほど基本的に高価ですが、ズーム機構を省いているので比較的お安く購入することができます。

駆け出しのカメラマンの方は一本目のレンズとしておすすめです。

とにかく軽い

一眼レフカメラって重たいですよね・・・(軽い機種もありますが)

見た目もコンパクトで、 リンゴや缶ジュースなんかより軽い ので最高に扱いやすいです。

この軽さは以外にも重要で、長時間の撮影ときに絶大な効果を発揮します。

【疲れにくい=集中力が持続できる】

↑作品の質にも影響するので、推せるポイントです。

作例

レビュー(感想)

非常にコスパの良いレンズです。

使用年数は6年ほど経ちましたが、オートフォーカス機能が少し甘くなってきたものの、故障個所もないので満足しています。

特に防湿庫で管理していたわけではないですが、カビなどもなくクリアです。

 安いので気を遣わずにバリバリ使えますね。 

この値段で絞り開放時のボケ感を手に入れることができるのは非常にありがたいです。

わたしは普段から筋トレをしているのですが、それでもカメラとレンズが重たいと疲れるし肩が凝ったりするので、軽いレンズは重宝します。

注意
DXフォーマットなのでフルサイズカメラでクロップ機能がないものは使えません。

初心者向けのレンズとされていますが、いつまでたっても使えるので、レンズ選びに迷っている方がいたら迷わず購入されることをおすすめします。

評価

描写力☆☆☆
携帯性☆☆☆☆☆
価格☆☆☆☆☆
満足度☆☆☆☆