【作例あり】ラブホテルでヌード撮影をした話

撮影

こんにちは。

今回はピンクな話題です。

ヌード撮影の体験談を記事にしました。

撮影のコツなど載せていますがあくまで体験談ベースなので学習部分が少ないかもしれませんが、ご了承ください。

全体的な流れや作例を使いながら書いていますので、ヌード撮影に興味のある方におすすめです。

それでは宜しくどうぞ!

【作例あり】ラブホテルでヌード撮影をした話

あなたはヌード撮影についてどう思いますか?

写真に興味がない人から見るとただの性癖、変態だと思われるかもしれません。

しかし、人体の持つ曲線美は芸術的で、彫刻やデッサンなどでも題材に取り扱われることも多いですよね。

写真をやっていると誰しも1度は撮ってみたいと思うのが「ヌード撮影」です。

ただ、わたしは家庭を持つ身なので、異性の裸を撮ることに抵抗があり正直、手を出しにくいジャンルでした・・・

撮りたい!でも撮れない!この2つが頭の中でぐるぐる回ります。

天から降りてきたひらめき

そしてしばらく悩んだ結果、あることをひらめきました。

「男を撮ればええんや・・・!」

性の対象ではなかったら大丈夫!我ながらナイスなアイディアでした。

しかし、よく考えると撮影場所がありません。

外で脱がすわけにはいかないし、家も厳しい・・・

と、そこで再びひらめきました。

「ラブホテルへ行けばええんや・・・!」

ナイスなアイディア【パート2】です。

思い立ったら即行動でお馴染みのわたしです

思い立ったら即行動でお馴染みのわたしは早速モデル探しを始めました。

そもそも男性モデル自体が少なく、更にラブホテルでヌード撮影に協力してくれるひとを探し出すのは至難の業・・・

と思いきや、運よく知り合いのモデルさんに紹介してもらい、撮影にこぎつけることができました。

ラッキー!

そして即DMを送ります。

たっちゃん
こんにちは!○○に紹介してもらったたっちゃんです!
taku
初めまして、宜しくお願いします。
たっちゃん
撮影内容はヌードで、撮影地はラブホテルなのですが、いかがでしょうか?
taku
いいですよ!

意外にも二つ返事でOKが出ました。

わたしがSNSで数年間コツコツ活動していたのと、知り合いからの紹介という事もあり信頼度が高かったのでしょう。

持つべきものは友ですね~。

だがしかし!喜びもつかの間、ここで新たな問題が発生しました。

「男同士でラブホは入れない」という事実が発覚。

男同士でラブホはNG?

なんで?と思い調べたら【事件になる危険性が高くイレギュラーな使い方をするひとが多い】といった理由でした。

せっかくつかんだチャンスをここで手放すわけにはいかない・・・

わたしは更に調べました。

すると、某所に男同士OKのラブホテルがある、という情報を手に入れました。

OK、この問題はクリアです。

男同士でラブホは入りづらい

モデルさんとスケジュールを合わせ、当日を迎えました。

駅で合流し、2人でホテルへ向かったのですがここでピンチが訪れます。

なんと!目的のホテルの前、若者が集団で歩いていました。

「は、入りづらい・・・」

やったことあるひとにはわかってもらえる(あまりいないかな?)と思いますが、男2人でラブホテルに入るのはかなり勇気がいります。

できれば誰にも見られずに入りたい・・・若者たちが去るのを待った後、そそくさと入りました。

なんとか切り抜けたぜ・・・

と思ったら中からスーツ姿の男女と鉢合わせました。(たぶん不倫)

互いに気まずい空気の中、手ごろな部屋を選び、中へ入ります。

ここでやっと一安心。

カメラのセッティングをした後、撮影に入りました。

撮影のすすめ

ストロボ必須

基本的に部屋は暗いです。

窓もないので太陽光は入らず、部屋の電気も明るくなり過ぎないように制限されています。

おそらくムーディーな雰囲気にするための演出だと思いますが、撮影する身としては光量が足りず、苦労しました。

電気の色もアンバーが多いので注意です。

こういった理由からストロボは持って行った方が良いですね。

直当てだけではなく、壁に向けて発光させるバウンスという手法で撮影すると綺麗に撮れますよ。

もしストロボが無いという方はISO感度を調整しながら撮影しましょう。

ISO感度とは?という方は下の記事へお進みください。

小物を用意しよう

ほとんどが喫煙OKなので、現代では稀な屋内たばこ撮影ができます。

あとわたしの場合、カラーテープも使用しました。

注意
散らかしたら必ず片付けましょう。

撮影後、休憩しながらデータを確認し、ホテルを後にしました。

わたしは2時間ほどで撮影が終了しましたが、わりと時間ぎりぎりだったので、ゆっくり撮影したい方はそれ以上を考慮しておいた方が良いです。

出ていくときは誰にも会わずにすみました。

作例

使用レンズ↓

まとめ

  • 男性ヌードも最高
  • モデル探しが大変
  • 男同士でラブホテルはめちゃ勇気がいる
  • 終わった後のすがすがしさがハンパない

ずっとやりたかったテーマで撮影ができて大変満足しました。

初めてのことだらけで戸惑った部分もありましたが、とてもいい経験になりました。

ミロのヴィーナスやミケランジェロのダビデなど人体を題材にした作品は何年経っても変わらず美しいですよね。

それは絵画や写真にも共通して言えるでしょう。

わたしももっと感性を研ぎ澄まして人体の美しさを追求していきます。

そして撮影後は、普通に生きていたら経験できないことを成し遂げたという謎の達成感を得ました・・・!(笑)

経験は財産ですね!

最後に、協力してくれたモデルさんには感謝しています。

有難う御座いました。 また機会があればこういった撮影もしたいです。