【Lightroom】青色と黄色のコントラスト!青空&菜の花畑の極上レタッチ術

Lightroom現像

こんにちは。

今回は青空と菜の花を綺麗にレタッチするテクニックについて記事にしました。

「え、晴れた日に撮影した写真じゃないと使えないレタッチ術なの?」

そんなことはありません。

 青空単体、菜の花畑単体、それ以外でも生かせる内容 となっていますのでご安心を!

ただ、この青空×菜の花畑の組み合わせで行うと抜群に効果を発揮しますよ~といったことです。

【Lightroom】青色と黄色のコントラスト!青空&菜の花畑の極上レタッチ術

使用編集ソフトは「Lightroom cc」です。

Lightroom cc 体験版

↑無料期間があるので、試しに使用してみてはいかがでしょうか?

また、他ソフトでも調整項目が同じ場合はそのまま流用できると思いますので、そんな方も参考にしてみてくださいね。

撮影時の保存形式はRAWに設定

レタッチ術!と、その前に。

カメラの保存形式設定で「RAW」がある方はこれに設定し、撮影してください。

その理由を簡単に説明するとRAWで保存するとレタッチをする際、調整域が大きく、より階調の豊かな写真に編集できるからです。

RAWに設定する詳しい理由や効能は上の記事にまとめてありますので気になる方はどうぞ。

カラー調整をしよう

さて、ここからがレタッチに関する内容です。

「植物の色味が良い感じに写ってくれない・・・」

そんな経験はありませんか?

【左:カラー調整無し(露光量のみ調整)】【右:カラー調整有り】

はっきり言うと自然の色は撮って出しだと色味がいまいちです。

色味をこっそり調整しているカメラマンは多いですよ。

ちなみに、わたしが知るプロのカメラマンはみんな調整しています。

ただ、彩度やコントラストを調整してしまうと、全体の印象が変わってしまうので、部分的な調整が必要になってきます。

こんなときに使用するのが、「カラー調整」です。

カラー調整は、色を限定させて調整することが可能です。

便利な機能ですよね~

色相色味
彩度色の濃さ
輝度色の明るさ

今回はこのように調整しました。

色温度を調整する

色温度(ホワイトバランス)を調整しましょう。

色温度の単位をケルビンと言います。

これを下げると寒色系が強調されて青っぽく上げると暖色系が強調され赤(オレンジ)っぽくなります。

今回は黄色を調整させるために、ケルビンを200~300ほど下げましょう。

ハイライト、シャドウ、白レベル、黒レベル

ハイライト、白レベルは明るい部分を、シャドウ、黒レベルは暗い部分を調整します。

↑詳しい内容が気になる方はこちらの記事へどうぞ。

細かい味付け

明瞭度

像を際立たせるために少し調整しました。

かすみの除去

色に深みを出させるために少し調整しました。

彩度

全体の色味を調整しました。

今回はマイナスに調整しています。

円形フィルター、段階フィルターで部分補正

段階フィルター

先ほどは色を限定的に変更しましたが、こちらのふたつは範囲を限定させて変更ができます。

  • 露光量
  • 黒レベル
  • 明瞭度
  • かすみの除去

空の青さを少しだけ鮮やかにするために上記の項目を調整しました。

完成!

あとは露光量を調整すれば完成です。

別パターン

もうひとつ違うパターンも載せておきます。

こちらは円形フィルター、段階フィルターは使用していません。

使用機材

まとめ

菜の花や青空を鮮やかにレタッチする!という部分にスポットを当てた内容でしたが、いかがでしたでしょうか?

冒頭でも書きましたが、菜の花畑や青空に限定したテクニックではなく、応用が利く内容なので是非いろんな写真に使用してくださいね。

 ↑撮影テクニックも記事にしましたのであわせてどうぞ! 

レタッチに関しては人それぞれ好みがあるのでこれといった答えはありません。

ただ、どこを調整すればよいのかという目安にはなると思いますので、レタッチが苦手!という方の参考になれば幸いです。

にほんブログ村 写真ブログ フォトレタッチ・写真加工へ
にほんブログ村