欲しいレンズをいますぐ買わないと損する理由と令和時代のお得な買い方【カメラ機材】

カメラ機材

こんにちは。

あなたは今、欲しいレンズはありますか?

あると答えた方、買わない理由は何ですか?

その理由がお金だというあなたは損をしているかもしれません。

なぜ損するのかということやお得に購入する方法などもご紹介しているので、ぜひ最後まで見てくださいね~

では参りましょう!

欲しいレンズをいますぐ買わないと損する理由と令和時代のお得な買い方【カメラ機材】

損するもっとも大きな理由は機会損失です。ひとは歳を取るし、物は劣化する、そして風景は変わります。

お金は何歳になっても稼ぐことができますが、どんなお金持ちでも時間を戻すことはできませんよね。

「残しておきたい風景があるのに広角レンズがない!」

「家族の成長を記録するため室内用に明るいレンズが欲しい!」

今あるもので工夫をしながら撮影するのは良いことだと思いますが” 迷う理由が値段なら買え!買う理由が値段ならやめとけ!”という言葉にあるように、それでもやっぱり必要なものがあれば購入すべきだと思うんですよね。

「そんなことを言ってもお金がないからしょうがないじゃないか!」

わかります。わたしも一昔前の時代ならあきらめるべきだったと思います。

しかし!いまはもう令和。世の中はさまざまなサービスで溢れています。

それぞれが出しているサービスをパズルのように組み合わせ駆使すれば 金銭的な問題は解決する んです。

それをいまからご説明します。

令和時代だからできるお得な買い方5つ

新品にこだわらない

新品のメリットってなんでしょう?劣化?見た目?手あかがついていない?

自動車や不動産でもなんでもそうですが、 新品は購入すると中古品になってしまうため、購入した瞬間に価値が落ちます。 

出たばかりの新作が欲しいならわかります。しかし数年前に販売されており、中古品が流通しているようなものなら圧倒的に中古品を購入すべき。

カメラ本体の場合はシャッター数などの寿命がありますがレンズはシャッター数に影響されないもの。

保管状態が悪くレンズに傷がある、カビている、といったものを避ければコスパ最強です。

ニコン Nikon カメラレンズ AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VR NIKKOR(ニッコール) ブラック [ニコンF /ズームレンズ][AFS1635MMF4GEDVR]楽天で購入
【あす楽】 【中古】 《並品》 Nikon AF-S NIKKOR 16-35mm F4 G ED VR [ Lens | 交換レンズ ]楽天で購入

今回わたしが購入したレンズを例に、新品と中古品を比較するため二つのリンクをご用意しました。

開いてもらえるとわかると思うのですが、おおよそ倍近くの価格差があります。

買うなら新品を!という固定概念がある方は、いちど中古品を検討してみてください。

リセールバリューを考えよう

リセールバリューとは「再販価格」です。

実は、カメラ機材はリセールバリューが高いんです。特にレンズは腐らない上にあまり劣化しないものなので。

例えば、10万円のレンズを購入した場合、普通なら10万円を消費した、という認識になりますよね。

しかし実際は お金が物に変わっただけ なので、絵画やゴールドのように資産として保有している状態になります。

どうしてもお金が必要になったときは売って換金してしまえば済む話。

先ほども説明した通り、新品で購入すると売却した時の金額差が大きくなってしまうのも中古品をおすすめする理由の一つです。

販売元をしっかり把握しよう

フリマサイトで販売されているものは基本的に一般人が出品しています。

中には掘り出し物もありますが、リスクが高いのでなるべく カメラ機材を販売する店舗から購入しましょう。 

理由は知識や感覚などの基準がバラバラなところです。ガサツなAさんが超美品と明記しても、購入した潔癖症のBさんは汚れている!と感じるかもしれませんよね。

しかもだいたいがノークレームノーリターン。

その点しっかり商売として成り立っている企業であれば明確な品質基準があり、気に入らない部分があれば返却すればいいので失敗するリスクが少ないです。

ちなみにわたしもカメラのキタムラから状態B評価(並品)の中古品を購入しました。購入した写真がこちら。

ラバー部分が白っぽくなっていると記載されていましたが、全く気にならない程度のものでした。レンズにはカビ、クモリなどはなく、写りはクリア。

購入した中古品のレンズで撮影

6か月の保証が付いているしメンテナンスもしっかりされています。これは個人でやっている素人ではできません。

カメラの機材はリセールバリューが高いだけに、お金儲け目的の転売が横行しています。

そういった方の商品は保管状況が悪くメンテナンスもされていないこともあるので、個人の出展者から購入する場合は注意しましょう。

ローンを組むなら金利をしっかり見よう

高いレンズを購入する場合、ローンを組む方が多くいますが、金利はしっかり見るようにしましょう。

金利0%~3%程度がベスト。ちょいと無理しても5%前後かな。

消費者金融、リボ払い、キャッシングローンは金利が激高なのでダメ。下手すれば人生破滅します。

なるべく一括で購入するようにしてください。

ポイントもゲットしよう

わたしは楽天市場で機材を購入しているのですが、かなりお得に購入することができます。

「楽天市場は新品しか販売してないんじゃないの?」という認識の方は多いかと思いますが、実は、カメラのキタムラやマップカメラなどその他ショップも参入しており、中古品の販売をしてるんですよね~

楽天にはSPUというポイントアップ制度があります。楽天トラベルや楽天ビューティー、クレジットカードなどを契約するたびに倍数が加算されていくものです。これが俗にいう楽天経済圏です。

Go Toキャンペーンと一緒に利用すれば二度おいしい。

どうせ髪を切るなら楽天ビューティーを利用してポイントアップさせましょう。

他にも、楽天でんきやモバイルなどのサービスも展開しています。生活インフラを楽天に移行すれば毎月、何万ものポイントがたまります。まじで。

楽天会員に登録し、無料で作れる楽天カードを利用すればポイントが3倍(5と0のつく日は5倍)なので、持っていない方はとりあえずサクッと作っておきましょう。

いまなら発行するだけでポイントがもらえますが、 キャンペーンが終わると無くなるかもしれない ので善は急げ!です。

さらに!お買い物マラソンなどのセール期間に購入すれば最大44倍(実質44%OFF)で購入することが可能。

まあ44%というのはあくまで最大値なので達成させるのはちょいと難しいですが、10%から20%くらいなら誰でもいけます。

例えば20%分のポイントバックがあった場合、10万円の物を購入すれば2万円のポイントがつきます。

このポイントは1ポイント1円として使用することができるので、実質8万円で購入したことに!

もうね。【楽天か、それ以外か】という名言が流行語大賞にノミネートされるくらいにはお得。(ローランドさんごめんなさい

ポイントが付くなら他サービスでもいいのですが、例えばヤマダ電機でポイントをもらっても使えるものが限られているので…

「ん~、欲しい家電ないけどせっかくポイントがあるし何か買っておくか!」

といったように浪費につながってしまうため、あまりおすすめしません。(まあこれがヤマダ電機の狙いでしょうが)

楽天ポイントなら生活必需品や通信料や電気代などの固定費に使うことができるので、本当の意味での節約に繋がります。

まとめ

ここで森アナウンサーの名言をご紹介。

相談コーナーにて、欲しいものを買うべきかを問われた時の返信です。

「使う時間が長いほど1日当たりの料金は安くなる。つまり日割りにすれば今日が最安値」

はい、名言出ましたね。購入を迷っている方はこの言葉を思い出してください。

何でもかんでも購入しろ!というわけではなく、しっかり吟味した上で欲しい!と思ったのなら購入すべきだとわたしは思います。

昔とは違い、いまでは 価格の比較やポイントバックなどお得に購入できる環境が整っている ので、ほんと買わない手はないです。

” 損する人得する人 “これは知っているか知っていないかの情報格差。

もう一度言いますが、お金は後からいくらでも稼ぐことができますが、時間は買うことができません。

価格と価値のバランスを見極めながら購入を検討してみてはいかがでしょうか。

ではまた!